top>施工事例>神奈川の注文住宅 2009夏秋号

【神奈川の注文住宅 2009夏秋号】
【このレポートの見どころ」
【厚木市 K氏邸 】
「できるだけ間仕切りをせずに、開放的な空間にしたい」というKさんの要望を実現したLDK。FPの家なら、開放的な間取りをつくっても家の中の温度がほぼ一定である。料理を置くのに便利なキッチンカウンターやリビング階段などで、家族のコミュニケーションを重視した空間でもある。
タイルとパイン材で造作したキッチンカウンターで、ご夫人の希望である輸入住宅のテイストを実現
2階の洗面タイルは、ご夫人の好きなグリーンでつくった。好みが反映できるのが注文住宅のメリットだ
Kさんの好きなオレンジ色のタイルで仕上げたトイレの洗面。タンクレストイレで空間を広く取っている
吹き抜けを採用した2階ファミリーコーナー。その上にはロフトがある。天井に近いロフトもFPウレタン断熱パネルを入れることで、夏も暑くないのが大きな特徴である。
外観は藤建ホームが最近力を入れているブリックスタイルを採用。
輸入住宅のテイストを取り入れて優しいスタイルに。
ウッドデッキやタイルでつくった水場、アプローチの柔らかなアールの壁などが印象的
タイルによる水場は、同社の手づくり。外で遊んできたお子様たちが、泥などを落とすのに最適
2階ファミリーコーナーの階段を上がると、広いロフトが。「コレクションルームにしたい」とKさん
ワクワクできるロフトなども、楽しい提案も
 
「当社FPの家が、どういうものか知りませんでした。木藤社長から、いちからFPの家のことを教えていただき、夏涼しく、冬は床暖房なしでも暖かいと聞き、お任せすることに。間仕切りのない開放的なLDK、使い方を考えるのにワクワクするロフトなど、楽しい提案もいただき大満足。毎日、FPの家の快適さを満喫しています」。(Kさん)
保冷室「クルム」。「玄米を入れておいても虫がつかないし、何でも保管できるのがいい」とご夫人
「木藤社長とは長いおつきあいができそう。頼りになる人ですよ」とご夫人。写真はKさんご家族
 「高気密・高断熱の家で、快適な暮らしがしたい」。そう考えていたのが、写真で紹介しているKさん。土地探しを依頼した不動産会社から「住宅の性能にこだわり、大工としての腕もいい」と藤建ホームの木藤社長を紹介されたという。
 同社が提案する商品は「FPの家」(「長期優良住宅」に対応)と呼ばれるもので、高気密・高断熱を実現する。その秘密は、木藤社長が惚れ込んだ「FPウレタン断熱パネル」にある。この断熱パネルを床、天井、壁に施工し、家をすっぽりと包み込むことで、高い気密性と断熱性を実現するのだ。ちなみに、気密性能を表す相当隙間面積C値は0.46cu/u、断熱性能を表す熱損失係数Q値は、1.75W/uKを記録。これは同社が建てた家を一棟一棟測定した実数値である(着工棟数約90棟の平均)。次世代省エネルギー基準が定める神奈川地域のC値は、5cu/uだから、いかに同社の住宅の性能が高いか理解できるだろう。
 こうした優れた工法を活かしきるのが、宮大工出身の木藤社長をはじめとする匠たちだ。伝統工法を知り尽くした匠たちは、洋風から和風まで幅広いデザインスタイルにも対応。木藤社長が直接要望を聞き、陣頭指揮を執ってくれるので安心して任せられるのも魅力だ。アイデアの引き出しをたくさん持つ木藤社長と一緒に夢を実現してみてはいかがだろう。
 
>back
個人情報保護方針   サイトマップ   お問い合わせはお気軽に!
AM9:00〜PM:600
All rights reserved, Copyright @2007 fujiken-home.